iPod をAUX端子付カーステレオに繋いでみました



2004-8-27


iPodを車で楽しむために、カセットアダプターやFMトランスミッタなどが各社から発売されております。
特にFMトランスミッタはいろいろ種類が出ていますが、いくらFMトランスミッタ側で音質を良くしても、受信する側のカーステレオのチューナーが良くなければ意味がありません。また、どうしてもFM電波なので圧縮されたような音になってしまうのは否めないでしょう。
カセットアダプタは、ヘッド同士を物理的に接触させるので、微妙なヘッドの向きによってこもったような音になってしまう場合があります。
筆者の車は3年前に買い替え、純正のカーステレオは埋め込んである(ように見えた)ため、カーステレオの入れ替えは諦めていました。
ところが、この車専用のカーステレオ取り付けキットなるものがあるのを知り、思わず購入。そして前に乗っていた車につけていた古いタイプのナカミチのCDチェンジャー付カーステレオに入れ替えてしまいました。
もちろんAUX端子付です。
取り付け後、早速AUX端子にiPodを接続して試聴してみました。
やはり直接接続はイイです。
さすがにカーステレオ側の表示は「AUX」とだけで、曲名はもちろんトラックNoとかは出ませんが(当たり前)、iPodの置き場所さえ工夫すればそれほど不自由しないでしょう。
同じ曲をCDと聴き比べてみましたが、筆者のカーステレオの場合は、AUXからの方が低域が多めになり、バスドラやベースなどが気持ち良くでてきます。

ついでにFMチューナーの方もチェックしてみたところ、どうやらCDチェンジャーの方からかなり多めのノイズを拾っているようで、周波数によってはFM局の電波が弱いとほとんど聞こえなくなってしまいます。
FM好きの筆者としては悩む選択だったのですが、思い切ってCDチェンジャー側のコントローラーケーブルを外してしまいました。
これでCDは聴けませんが、FMは快適に聴く事が出来、そしてなによりもiPodで手持ちの音楽ライブラリを全て車に持ち込む事が出来るようになったわけです
プリンタ出力用画面 友達に伝える
スポンサードリンク
ipod
iPod Club おすすめ
サイト内検索
オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが Review を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
iPod Clubについて
admin

webmaster
 

iPod Clubを推薦する

iPod Club News RSS